FX初心者がTradingViewを無料で使いこなす!

トレード

WEB上で高機能なチャートが使えるTradingViewですが、無料で使おうと思ったらインジケータが3つまで、と少し不便さがあります。

しかし、インジケータの公開ライブラリには、TradingViewユーザーが作成してくれたインジケータがたくさんあります。

内蔵インジケータはSMAを選ぶと1本しか表示されませんが、公開ライブラリのSMAの中には一つのインジケータでSMAを3本以上表示してくれるものもあります。

ユーザー作成のインジケータを上手く使えば、インジケータ3つ以内で「ボリンジャーバンド」「SMA3本」「オシレーター」を表示させることができます。

今回は私が使っているインジケータ3つを紹介します。

PCでは画面上部にある「インジケーター」、スマホの画面では「+」をタップ→「インジケーター」をタップ。

検索で以下を探します。

ボリンジャーバンドは内蔵のです。

RCIは公開ライブラリ内、goku972さんの「RCI 3 Lines + Short/Middle/Long RCI line as Background Color」を使用します。

背景色のみチェックを外しています。好みで色や線の太さなどを変えます。

パラメータも好みに変えます。

SMAは公開ライブラリ内、GomathiShankarさんの「SMA by KGS 5 MA’s in 1 indicator」を使用します。

SMA、EMA、WMAが使えます。それぞれ5本まで。私はSMAを3本使うので、「SMA only」にチェック、それぞれに期間を入力します。

3本使うので他のMAのチェックは外します。色と線の太さを好みに変えたらOKです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました